×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

y
世界 サキの日記

第一章「後継者」


第一節「転生」

7/1 晴れ
目が覚めたとき、私は病院のベットの中にいました。お腹の傷が痛みました。なんで怪我してるんでしょう。
私には記憶がありません。お母さんと名乗る人から「サキ」と呼ばれてるので名前はサキだと思います。
よく分からないけどお医者さんに検査をして貰いました。結果は教えてくれませんでした。
お母さんが「暇つぶしに」とノートパソコンを持ってきてくれたので、一日中ゲームをして遊んでました。
何故か日記を書かなきゃいけない気分になったので書いてます。少しお腹の痛みが和らぎました。
私は今素敵な気分です。


7/2 雨
お医者さんに幾つかの質問をされました。記憶が無いのでよくわからないと答えたら変な顔されました。
そのあとお医者さんとお母さんがもめてました。私の事を話してたみたいです。詳しくは聞き取れませんでした。
話が終わるとお医者さんが私の所に来て説明をしてくれました。
「きみのきおくしょうがいはせいしんてきなものだ。からだにはいじょうがみられなかったから。だからきみには」
内容がうまく理解できませんでした。話も途中までしか覚えてません。淡々と喋ってたのは覚えてます。
お母さんが「すぐ戻れるから。」と言ってました。私はすぐには戻れないと思いました。
少し悲しいです。


7/3 曇り
今日から私は違う病院に入院する事になりました。昨日お母さんが話してたのはこの事だったらしいです。
こっちの病院には色々な人が居ます。一日中水飲み場で流れる水を眺めてるお兄さんとかが居ました。
中庭で地面を掘っては埋めて掘っては埋めてを繰り返してるおじさんもいました。叫んでる人もいました。
親に殴られて謝ってる女の子も居ました。親が居なくなったら今度は他の人に殴られてました。
私は女の子を殴った人になんでそんな事するのか聞いてみました。私もぶたれました。
頬が痛いです。


7/4 雨
昨日の女の子が声をかけてきてくれました。アザミとお友達になりました。私より少し年上らしいです。
私とアザミを殴った男について話しました。アザミはその男の名前を知らないそうです。
私はそいつをオクダと名付けました。なんでその名前が浮かんできたのか自分でもわかりません。
オクダはいつもアザミの事を殴るそうです。でも先生に言うともっと殴られるので言えないと言ってました。
いつも誰もいない時に殴るので先生は気付いてくれないそうです。とても酷いヤツだと思いました。
憎いです。


7/6 曇り
アザミと一緒にオクダから逃げ回ってました。しつこくて困ってます。なんとかならないのでしょうか。
私はまだお腹の傷が治りきってないので逃げるのが結構辛いです。オクダの事を先生に話そうとしました。
アザミに止められました。先生には言っちゃ駄目だそうです。遠くから先生がこっちを見てました。
夜、先生が私の所にやってきてアザミと友達になっちゃいけないと言われました。
何故でしょう。


7/8 曇り
オクダが何かを投げつけてきました。私の身体に当たった後、それは変な汁を飛ばしながら地面に落ちました。
アザミは怖がって目をふさいでます。私はそれを拾い上げてみました。潰れた虫でした。
虫の残骸を見てるととても不思議な気分になりました。アザミは何処かへ行ってしまいました。
私は一人、中庭に行って虫の死体を埋めてあげました。小枝を一本立ててお墓の完成です。
「虫君、さようなら。」と別れを告げると、涙が溢れてきました。お墓に涙の滴が落ちていきます。
虫君はもう居ないんです。


7/9 晴れ
夜、窓を開けると空いっぱいに星が光ってました。とても綺麗です。
昨日の虫君はあの星の所へ行ってしまいました。光に包まれて生まれ変わることでしょう。
オクダ。あの名前が浮かんできた理由は未だに分かりません。懐かしいような、憎らしいような。
目が覚めた時から、自覚してる事が一つだけあります。それは私の心が叫んでいるのだと思います。
目をつぶり両手をいっぱいに広げると星の光を全身に浴びることが出来ました。気持ちいい。
星降る夜空を見上げ、私はその叫びを口にしました。体中が震えてその言葉に呼応します。
私は、生まれ変わった。



第二節「約束」
7/17 晴れ
アザミと遊んでると、アザミの親がやって来てアザミを殴りました。殴り終わるとすぐに帰ってしまいました。
私はただ見てる事しかできませんでした。大丈夫?と聞くとアザミは無理に笑顔を作って大丈夫、と答えました。
アザミはいつも親に殴られてるそうです。笑顔を絶やさないアザミが無性にかわいそうになってきました。
私が守ってあげるね。アザミは黙って私の申し出を拒否しました。自分は殴られるために存在してるからって。
私は何も言えませんでした。


7/18 曇り
一週間くらい何処かに行っていたオクダが戻ってきました。私とアザミの事をじろじろ見ています。
気持ち悪いので私達は中庭へ遊びに行きました。おじさんの掘る穴を眺めてました。
突然誰かに背中を押され、私達は穴に落ちてしまいました。オクダの仕業です。
そんな大きくないので私はすぐに穴から出ましたが、アザミは少し遅れ気味です。オクダが土をかけてます。
私はアザミの手を取り、おろおろするおじさんの横を通って逃げました。振り返るとオクダは笑ってました。
土で汚れても笑顔を崩さないアザミはとてもいじらしく、そして愛おしく見えました。なんて強い子なんだろう。
私も強くなりたいです。


7/20 曇り
アザミの親がきてまたアザミを殴って帰っていきました。その時のアザミの親の顔はとても晴れやかでした。
アザミを殴っておいてなんでそんな顔をできるのか不思議に思いました。アザミはその理由を知ってました。
あの人は私を殴ると気分が良くなるみたいなの。アザミはそれでいいの?私はその為に生まれたから。
殴られるための存在。以前聞いたアザミの言葉を思い出しました。私だったら耐えられません。
アザミは強いから平気なんだね。アザミは否定しました。強くなんかないって。じゃあ、なんで平気なの?
アザミは答えませんでした。


7/21 雨
殴られた反動で頭を垂れるアザミは謝ってるように見えます。本人はそんなつもりはないらしいのですが。
今日はアザミの親が行った後オクダにも殴られました。私がアザミをかばうとオクダは怒りました。
アザミを奪おうとします。僕にも貸してよって。アザミはおもちゃなんかじゃない!
私達はまた逃げました。いつまでオクダの嫌がらせは続くんでしょうか。逃げ続けるしかないのでしょうか。
先生に言うべきなのかもしれません。でもアザミは拒否します。サキに迷惑かけたくない。私は平気だよ。
強くないけど頑張るよ。ありがとう。アザミは笑顔で答えてくれました。それでも、言っちゃ駄目。
返す言葉が有りません。


7/22 雨
外で遊んでいたら突然夕立が降ってきました。梅雨はまだ明けないのでしょうか。
雷が鳴りました。空に光の筋が見えてものすごい音がしました。激しい雨が地面を打ちます。
アザミの親が狂ったようにアザミを殴ります。雷が鳴るたびに叫び声をあげてアザミに襲いかかってきます。
私はアザミから引き離され、助けようとしても突き飛ばされました。アザミの髪が数本地面に抜け落ちてました。
アザミは解放された頃にはボロボロになっていました。オクダが見てました。不気味な顔して笑ってます。
不愉快です。


7/23 晴れ
今日はお母さんが面会に来てくれる予定だったのですが延期してもらいました。
本当はアザミを紹介しようと思ったんだですが、この腫れた顔を見たらお母さんは心配してしまいます。
今日こそアザミを守ろうと思い、アザミをかばったら代わりに私が殴られました。アザミも殴られました。
どうやら梅雨は明けたらしく、とても暑かったです。暑いのも私のせいにされました。セミが鳴くのも私のせいに。
もう嫌。腫れた頬がズキズキして涙が出てきました。痛い。アサミはこんなのに毎日耐えているの?
オクダは今日も笑ってます。アザミの親に殴られて傷だらけになった私達を見て、笑ってる。
悔しいです。


7/24 晴れ
アザミの親から解放されて休んでいると、オクダがやって来ました。相変わらず変な顔して笑ってます。
両手を水をすくったような形にして寄ってきました。その手には何かの液体が乗ってました。
私達の前に来ると、それを投げるようにしてかけてきました。白く、ネバネバした液体が髪に絡みます。
とても嫌な臭いがして思わず吐きそうになりました。ふと横を見ると、オクダがアザミの口に、その液体を、
汚れた手を突っ込み、塗り込むようにして、嫌がってるのに、アザミは無理矢理・・・・・・・・口に含まされました。
私はオクダを突き飛ばし、アザミを抱えて逃げました。お腹の傷が痛むのをこらえて、全力で走りました。
洗面所で洗っても、ネバネバが取れません。アザミの口を何度も洗っても、臭いがとれません。
私はアザミを抱き締め、泣きました。涙は枯れることなく流れ続けました。アザミ、私達はずっと一緒だよね。
どんなに辛い事でも、二人で分ければきっと耐えられるから。だから、ずっと一緒に居ようね。約束だよ。
ずっと一緒に。この約束を私は何度もしてきたように思えます。そして、何度も破られ、私も破った。
今度こそ破らない。失った記憶の中で幾度も破ってきた約束。アザミとなら守り通せる気がします。
私はもう、昔の私じゃないんだから。



第三節「消失」
7/29 晴れ
私もとうとう「作業」に加わる事になりました。園芸をする事にしました。お花を育ててます。
アザミは暑いのが嫌らしく、部屋に籠もりっぱなしです。外は暑いけど、「作業」中はオクダも居なくて気楽です。
アザミの親は屋内で「作業」をしてるらしく、夜の自由時間まで会いませんでした。さっき会ったら殴られました。
この前、手で頭を覆った状態で殴られたので指を痛めてしまい、4日ほど日記が書けませんでした。
指の痛みはとれましたが、殴られる痛みには慣れる事ができません。オクダは相変わらずふらふらしてます。
あれ以来オクダはまた大人しくなりましたが、私達を見る目は何処かおかしいと思いました。何かするつもり?
安心できません。


7/31 晴れ
暑い日が続きます。外での作業は暑くて結構疲れるけど、園芸は楽しいのでそんな苦にはなりません。
問題は室内の戻ったらアザミの親に殴られる事です。オクダの笑う顔にも嫌気が差してきました。
私はとうとう我慢できなくなり先生に言いに行きました。これ以上殴られるのは嫌。痛いのはもう嫌。
先生はきちんと話を聞いてくれました。「なんとかする。」と言ってくれたので大丈夫だと思います。
アザミは何を心配してたんでしょうか?聞いてみたら、それは今だから平気なの、としか答えてくれません。
アザミの親は先生がなんとかしてくれるけど、オクダは相変わらずニヤニヤして私達を見てます。
少しその視線が気になりました。私の方は見てない気がします。視線の先は、アザミ?アザミを見てるの?
不気味です。


8/2 晴れ
先生はアザミの親に人形を与えました。アザミの親はその人形を殴るようになりました。
殴る対象は何でも良かったんでしょう。驚くほどあっけなく私達は解放されました。でもまだ落ち着けません。
解放された事を喜ぶのは私とアザミだけのはずです。なんでオクダまで喜ぶんでしょうか。
アザミの親が私達を殴らずに人形を殴ってる所を遠巻きに見て、今までとは違う笑い声をあげてました。
私達はすぐに部屋に引っ込みました。殴られる事からは解放されたのに、私達はあまり喜びませんでした。
お腹の傷がまた痛み始めました。


8/5 晴れ
アザミが消えました。私が「作業」を終えて部屋に戻ると、既にその姿はありませんでした。
オクダも居なくなりました。アザミとオクダが同時に消えました。オクダがアザミを連れていってしまったんです。
私は二人を捜しました。私の行ける場所は限られてます。それを超えて逃げられたら、私には何も出来ません。
オクダにとって、アザミの親はアザミを奪うのに邪魔な存在だったのでしょう。それが今はいなくなったから。
私は自分の愚かさを呪いました。オクダがアザミを狙ってる事は知ってたのに。私がもっと注意してれば・・・・・!
アザミ、何処に居るの?


8/7 晴れ
今日はお母さんが面会に来てくれました。アザミを紹介したかったのにまだ見つからないので出来ませんでした。
近況報告はしたけど結局アザミの事は言えませんでした。お母さんも近況報告をしてくれました。
私の事を訪ねに来てくれた人がいたようです。ワタベという女の人らしいのですが私はその人を知りません。
お母さんも知らないらしいです。ワタベさんは私が家にいないこと知ったら帰ってしまったそうです。
お母さんが帰った後、私はまたアザミを捜しました。その時も何故かワタベという名前が頭から離れませんでした。
何者なんでしょうか。


8/8 晴れ
ワタベという人も気になりますが、私は今それ以上にアザミの行方が気にかかります。
オクダが私が行けない場所から出てきました。一人でした。私は「作業」を中断してオクダに詰め寄りました。
アザミを何処へやったの?と聞いてもオクダはいつもと同じ嫌な笑い声をあげて答えてくれません。
何度も問い詰めるとオクダは笑いながら「捨てちゃった。」と答えました。私はこの時既に泣いてました。
泣きながらオクダにアザミの行方を聞きましたが、もう一度だけ「捨てちゃった。」と答えて後はずっと笑ってました。
私はアザミの無事の願いながら捜しました。行ける所全てを捜しました。必死になって捜しました。
一緒に居ようって約束してから、数えるほどしか日はたってません。約束したのに。ずっと一緒って言ったのに。
・・・・アザミは見つかりませんでした。


8/9 晴れ
中庭に座り込んでここ数日の事を考えました。アザミ。アザミの親。オクダ。ワタベさん。
何であいつをオクダって名付けちゃったんだろう?ワタベさんって誰?そして、アザミは何処へ行っちゃったの?
そんな事が頭の中をぐるぐる回りました。何て事なく中庭に居る人達を身ながら考えてました。
ふと、地面を掘ってるおじさんが目に留まりました。妙な違和感を感じました。なんだろう、と思って近づきました。
寄ってみて気がつきました。おじさん、いつもと掘ってる場所が違う。気になって理由を聞いてみました。
いつも掘ってる場所を取られちゃったって。その場所は確かに不自然に掘り返した跡がありました。
私は憑かれたように掘りました。手が泥だらけになりながら掘りました。そこで見つけたんです。アザミを。
泥まみれになったアザミが、バラバラになったアザミが、そこに居ました。
何処かへ消えてしまった心はもう戻らないかもしれない。アザミはもう話しかけても何も答えてくれません。
私はアザミの頭を持ち帰り、抱きしめました。こんな姿になっちゃって。ごめんね。何もしてあげられなくて。
ごめんね。約束は守るから。アザミ、私がいつも一緒にいてあげる。約束だもんね。ずっと一緒だよ。
アザミが笑ってくれた気がしました。



第四節「再臨」
8/10 雨
アザミにこんな姿にをしたのはオクダ。オクダの笑う姿が目に浮かびます。嫌な笑い方。
私は屋上に行き、立入禁止の柵を乗り越えて給水塔に上りました。少しでも空に近づきたかったんです。
先生達が駆けつけてくるまでの数分間、私はずっと空を眺めてました。アザミは空に居るの?それとも・・・・・。
ベットの下に隠してあるアザミの頭は何も語ってくれません。身体を失ったアザミ。親友を失った私。
オクダ。許せない。


8/12 晴れ
アザミと遊べない暇な時間、私はなんでこの病院に居るんだろう?なんて事を考えてました。
こうやってたまにボーっとしてしまうからでしょうか。お腹がなんで傷ついてるわからないからでしょうか。
前の病院で目が覚める以前の記憶が無いから?あの時お医者さんにされた質問、なんだっけな・・・・・。
「なんでお腹が傷ついてるのか分かるよね?」記憶が無いのでよくわかりません。
「自分のしたこと、覚えてる?」記憶が無いのでよくわかりません。
「君の名前は?」記憶が無いのでよくわかりません。
「他人を傷つけたことはある?」記憶が無いのでよくわかりません。
「人殺しは悪いことだと思う?」記憶が無いのでよくわかりません。
他にも色々聞かれたようなきがするけど、どれも答えられなかったっけ。でもそれは今も同じ。
今でもよくわかりません。


8/15 曇り
すっと雲を見てました。何故かオクダの顔が頭に浮かんできました。
アザミがあんな姿になってから、オクダの事が頭から離れません。とても不愉快です。
このモヤモヤした気持ちは何でしょうか。オクダの存在が憎くてたまりません。
消えて欲しいな・・・・。


8/16 晴れ
何故私は壊れた給水塔の南京錠を持ってるんでしょう?
オクダ、早く私の前から消えて!
じゃないと私は・・・・・・・!


8/18 晴れ
私の中に何かが降りてきた。ふらふらと廊下を歩いてるとき、私はそう思いました。
先生達が屋上に走っていきます。水飲み場でいつも水を眺めてるお兄さんが話しかけてきました。
「ねぇ、なんか水の出が悪いんだけど・・・。」私はその理由を知ってました。そしてそれがすぐに治る事も。
少し待ってればすぐモトの状態に戻りますよ、と言って私は部屋に戻りました。
ベッドの下のアザミの横に壊れた南京錠が置いてあります。アザミ、オクダの事はもう決着がついたよ。
私が何か呟いてる。無意識に言葉が出てきました。私は虫じゃない。私は虫じゃない。私は、虫じゃ、ない。
虫にはもう戻らない。


8/19 晴れ
私は「作業」の途中、花を咲かせたくなりました。それは一つの区切りとし必要な事だと思いました。
薊。薊の花がいい。今は季節はずれだけど、私はその花を咲かせなければならない。生まれ変わった証に。
アザミと同じ名の花、薊。種は・・・あるのかな?私は薊の種を捜して彷徨いました。
気がつくと私は知らない所に居ました。「外」に出てしまった事に気がつくのに数分かかりました。
知らない少年がじっと私の事を見てました。私もその少年を見てました。何かを思い出しそうになりました。
先生が私を連れ戻しに来ました。何をやってるの?薊の花を咲かしたいんです。種を捜してるんです。
そんな野草春になれば放って置いても咲いてくれるよ。私はその言葉を胸に刻み込みました。
野草のように。私は春に薊の花が咲くように、自然に生まれ変わった。私自身がすることはもう何もないんだね。
新しい私が、ここにいる。


8/20 晴れ
お母さんから電話が有りました。少ない時間だったけど新しい私の話をお母さんはじっくり聞いてくれました。
話が終わるとお母さんは言いました。ワタベさんからの伝言がある、と。そしてそれはお母さんの意見でもあると。
「ネットに繋いで。」私は電話が終わった後もその言葉を噛み締めてました。ネットに繋ぐ。
私は日記を付け初めてから惰性的に日記をサーバーにアップしてました。何故そんな事をしてるのか、
また何故自分がそんな事をできるのかはわかりません。恐らく記憶を失う前、私は同じ事をしてたんでしょう。
でもそれはインターネットをできる状態でもあったんです。「ネットに繋いで。」という言葉でそれを思い出しました。
私は「お気に入り」にポインタをあわせました。パッと右にファイルが開きます。一番上にあったそこは、
「希望の世界」。懐かしいような、悲しいような、そんな感情が私を襲いました。
その文字をクリックしました。画面に「希望の世界」が広がります。戻ってきた。私は新しくなって、戻ってきた。
一筋の涙が頬を伝いました。


第2章「再始動」
  カイザー日記