×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


絶望世界 僕の日記

第1部<腐食編>
第2章「孤城の華」


第5週「遺産」

12月7日(月) 雨
僕は学校に行かなくなりました。どんな顔で行けばいいのかもわかりません。
本当は皆に言わなくちゃいけないことが有るのに。でも僕は言いません。言いたくありません。
ここ数日で色々なことが有り過ぎました。考える事が多すぎてもう疲れました。
しばらく家で早紀の顔を見て落ち着いてるつもりです。
動きたくないです。


12月8日(火) 晴れ
生活指導の杉崎先生が僕の家にやってきました。何の用かは分かりません。
親が応対したんですが僕はずっと寝てるフリをしてました。明日も来ると言ってたそうです。
わざわざ家に来るまでの用って何だったんでしょうか。気になるので明日は会ってみるつもりです。
先生は奥田の死と僕が学校に行かなくなったことに何か因果関係があると思ってるのでしょうか。
疑問です。


12月9日(水) 曇り
杉崎先生に会いました。すると僕にデジカメをくれました。奥田のロッカーに入ってたものだそうです。
何故こんなものを見つけたのかはすぐに分かりました。先生はいじめの事実を消すつもりです。
「ウチの学校はなるべくクリーンなイメージでいきたいんだよ。」と言ってました。
以前校内に張られた僕の痴態が写った写真はデジカメをプリントアウトしたものだったそうです。
自分でデジカメを始末したら足がついてしまうとでも思ったのでしょうか。僕に始末させるつもりです。
大人は卑怯です。


12月10日(木) 曇り
今日も杉崎先生が家に来ました。「いじめの事は黙っとけ」みたいな内容の話ばかりでした。
ただ、話の最中先生はずっと僕のことを疑惑の視線で見てました。なんだか照れくさいです。
そして別れ際、「・・・お前が殺ったんだろ?」と言われました。僕は何も答えられませんでした。
僕が黙ってると、先生は「しばらく学校には来なくていい。」と言って帰ってしまいました。
言われなくても行く気ないです。


12月11日(金) 曇り
改めて奥田のデジカメを見てみました。上履きをくわえた僕の姿が何枚も写ってます。
普通の人が見たら気持ち悪くてすぐスイッチを切っちゃうだろうな、と思いました。
おそらく杉崎先生もそうしたと思います。同じ男としても僕の性癖は理解できないかもしれません。
デジカメの画像を全部見たのは奥田以外で僕だけでしょう。きっとそうです。
だから僕はアレを・・・見つけられたんです。


12月12日(土) 晴れ
もう一度落ち着いてデジカメの画像を見てみました。アレをじっくり見るためです。
最初は上履きくわえた僕が写ってます。メモリを遡っていっても僕の痴態ばかりです。
殴られてる僕、泣きべその僕など、僕の知らないうちに結構撮られてました。
そして、ある日を境にまったく別の画像が写ってたんです。奥田が・・・・女の子を・・・・犯してました。
ハメ撮りでした。相手の子の泣き叫ぶ表情も鮮明に写ってます。
気づいたら僕は自慰にふけってました。知ってる人の性行為は異常なほど興奮します。
僕はすぐに果てました。


12月13日(日) 曇り
頭からあの画像が離れません。他人の性行為は今まで本とビデオでしか見たことありませんでした。
でも、アレを見ると性に対する妙な現実感が沸いてきます。決して違う世界の事じゃないんです。
僕自身が奥田と同じことをできるんだと思うと、ますます興奮してしまいます。
相手がいれば僕にもできます。相手がいれば。僕の相手は・・・・・・・・・・・・・・・早紀?
早紀と、したいです。



第6週「歪曲」
12月14日(月) 晴れ
妹と性行為を行いたいと思うのは間違ってるんでしょうか。人としてやってはいけない事かもしれません。
やはり思い止まるべきです。早紀へは兄として愛情を注げばいいんです。それが自然だと思います。
それに僕は自分の性器に自信がありません。早紀に見られるなんて恥ずかしいです。
早紀にだけは僕のみっともない姿を見られたくないです。だから性行為なんかできません。
我慢します。


12月15日(火) 晴れ
いつ見ても早紀はカワイイです。同じ兄弟とは思えません。でも間違いなく兄弟です。
たぶん早紀は僕が持つはずだった良い遺伝子を全部持って生まれたんだと思います。
だから残りモノの僕はこんなダメ人間なんです。親が遺伝子の分配を間違えたんです。
僕の遺伝子を早紀が受け取れば本当の僕が生まれてくるかもしれません。
確かめたいです。


12月16日(水) 晴れ
今日はヨドバシに行ってデジカメとパソコンを繋ぐケーブルを買いに行きました。
本来なら学校に行ってなきゃいけない時間に外をウロウロするのは少しドキドキします。
家に帰ったら早速例の画像をパソコンに取り込みました。これでプリントアウトもできるようにます。
女の子の表情も誰なのかはっきりわかる程うまく撮れてます。奥田は写真屋になれたかもしれません。
興奮します。


12月17日(木) 曇り
デジカメの僕が写ってる部分を削除しました。奥田の強姦画像は残してあります。
これで僕の痴態がこれ以上出回る事はないと思います。早紀に見つかる可能性も減りました。
学校に出回ってるのはそのうち捨てられてしまうと思います。僕が行かなきゃ存在価値のないモノです。
過去のみっともない姿が消えたおかげで、僕は早紀に近づく権利を得た気分になりました。
嬉しいです。


12月18日(金) 曇り
早紀をデジカメで隠し撮りしてパソコンに取り込んでみました。壁紙にするととても良い気分になります。
ネット上ではアイコラというモノが反乱してます。フォトショップとかで作ってるらしいです。
僕のパソコンにはフォトショップがインストールされてます。気づいたら僕は早紀コラを作ってました。
本物の早紀の胸もこんなに膨らんでるんでしょうか。肌はこんなに綺麗なんでしょうか。毛はこんなに。
もう止まりません。


12月19日(土) 晴れ
お風呂に入るとき、常に早紀の後に入るように心がけました。
早紀のつかったお湯に浸ると言いようのない一体感に包まれます。とても気持ち良いです。
お湯を飲むと早紀の味がします。早紀のエキスがたっぷり溶け込んでいるからだと思います。
なぜ僕と早紀は兄妹なんでしょうか。他人ならこんなに歪んだ愛情を抱かずに済んだのに。
神様、あんまりです。


12月20日(日) 曇り
妹を好きになってしまうのは僕だけじゃないはずです。だから僕が早紀が好きなのは普通のことです。
僕は奥田みたいに女の子を強姦したりはしません。早紀にそんなことはしないつもりです。
早紀は僕のことをどう思ってるのでしょうか。きっと僕が早紀を想う様に早紀も僕を想ってるはずです。
小さい頃早紀は僕の真似ばかりしてました。だからこの気持ちも真似してるはずです。
絶対そうに決まってます。



第7週「崩壊」
12月21日(月) 曇り
もうすぐクリスマスです。早紀に何をプレゼントしてあげようか考えてます。
僕にはお金がないのであまり高いのは買えません。どうしても小物になってしまいます。
早紀はちょっと幼い感じがするのが似合いそうです。ヌイグルミとかブローチとかいいもしれません。
早紀の喜ぶ顔が目に浮かんでホクホクした気分になります。明日ハンズに行って決めてきます。
楽しみです。


12月22日(火) 晴れ
結局ハンズでオルゴールを買ってきました。もちろんプレゼント用に綺麗に包んでもらってます。
音色がとても純粋な感じがして、早紀にはぴったりだと思ったのでオルゴールに決めました。
考えてみると今まで早紀にここまで心のこもったプレゼントをしたことはありませんでした。
早紀に対するこの気持ち、これこそが純愛なのかもしれません。もう迷いは有りません。
僕は早紀を愛してます。


12月23日(水) 晴れ
普段は妄想に浸ってばかりの僕も、早紀の前だとそんな気分じゃなくなります。
早紀と話す時、僕の中汚れてない部分が暖かくなる気がします。とても気分が良いです。
僕にもまだ純粋な気持ちが残ってるんでしょうか。僕はまだ堕ちるところまで堕ちてないんでしょうか。
早紀がいてくれれば、僕は踏みとどまれます。虫じゃなく人として生きていけます。
明日が待ち遠しいです。


12月24日(木) 曇り
クリスマスイヴです。楽しくなる予定だったのに早紀の様子がおかしいです。
朝、早紀は終業式に行きました。
昼、早紀が帰っきたあと、杉崎先生が家に僕の成績表を持ってきました。早紀に渡して帰ったそうです。
夕方、僕は早紀から成績表を受け取りました。何故か無言でした。
夜、プレゼントを渡そうと早紀の部屋に行ったら「来ないで!」と言われました。
そのあと「私お兄ちゃんが何したのか知ってるんだからっ!」とも言われました。
何が起こったんでしょうか。


12月25日(金) 曇り
早紀が何を知ったのか分かりません。訳がわからないままクリスマスになってしまいました。
聞こうとしても無視されます。でもただ一言「杉崎先生言ってたよ・・・。」とだけ口を開いてくれました。
昨日、僕の成績表を受け取る時、先生に何か言われたに違い有りません。一体何を。
杉崎先生は僕に奥田のデジカメをくれました。デジカメには僕の痴態が写ってました。
学校にはそれがプリントアウトされたモノが散乱してました。先生も持ってるかもしれません。
まさか。
先生は、早紀に、それを、僕の痴態を、上履きをくわえた僕の姿を、見せ、た?
僕がいじめられてたのを、僕が異常な性癖を持ってたのを、早紀に、言った?
知られた?


12月26日(土) 晴れ
早紀と話し合いたいのに相手にしてくれません。「お兄ちゃん、最低だよ。」と言われました。
もう間違いなく早紀は僕の恥ずかしい行為を知ってます。今更言い訳も出来ません。
早紀に教えた先生が憎い。写真を撮った奥田も憎い。でも早紀を嫌いにはなれない。まだ愛してます。
僕はオルゴールを叩き割りました。ガシャン、と高い音がして床に破片が飛び散りました。
僕の中で何か弾けました。


12月27日(日) 曇り
床には昨日のオルゴールの破片がまだ散らばってます。片づける気にもなりません。
僕の心の綺麗な部分もオルゴールと一緒に砕けてしましました。二度と戻りません。
でも不思議なことに、残骸を眺めてると先生や奥田への憎悪が消えていきます。
代わりに早紀への愛が急騰します。僕の汚い部分を知られた今、恥ずかしがる必要は有りません。
早紀は知ってるんだから。僕がいじめられてた事を。僕の異常な性癖を。もう全て知られてもいい。
愛情も欲望も隠しません。



第8週「散花」
12月28日(月) 晴れ
年末から年始にかけて両親が帰省します。早紀は受験勉強のため行きません。
僕がそんなイベントに参加するわけがありません。だから明日からは早紀と二人きりです。
早紀とは必要以上の会話しかしてませんが、心は通じ合ってると信じてます。
心だけじゃ足りない。体も通じ合わないと。愛さえ有れば何をしても構わないはず。
僕には愛がある。


12月29日(火) 曇り
両親が帰省しました。帰ってくるのは今週の土曜日です。もっと遅く帰ってきてもいいのに。
これで邪魔者は居なくなりました。早紀には素直に僕の気持ちをぶつけることができます。
早紀の作った晩ご飯、とてもおいしいです。早紀の沸かしたお風呂、とても良い加減です。
早紀の使った歯ブラシ、とてもおいしいです。早紀の性器、きっと良い加減です。もう我慢できない。
早紀と、一つになりたい。


12月30日(水) 謎
早紀・・・・・・・・・・・・・・・・。


12月31日(木) 早紀
早紀早紀僕早紀早紀早紀はお前早紀早紀が早紀早紀早好き紀早紀で好き早紀早紀早で紀早紀
早紀早紀早紀早紀たまら早紀早紀早紀な早紀い早紀早紀早紀早紀早紀早紀早紀早紀早紀早紀


1999年1月1日(金) 晴れ
早紀を犯しました。年明けのカウントダウンと同時に襲いました。
テレビのボリュームを大きくして近所に悲鳴が聞こえないようにしました。
年に一度、この時間だけはほとんどの家庭がテレビをつけています。声はテレビの音に消されました。
している最中、何故か僕は妙な既視感を感じました。僕は童貞だったのに。何処かで同じ様な事が?
・・・・・・・・・・・・・・あ・・・・・・・・・奥田のレイプ画像。僕は奥田と同じ事をしてたんだ。
でも僕は奥田とは違う。僕には愛が有ります。愛ゆえに犯した。早紀が僕だけを見て欲しいから。
好きだから。愛してるから。僕には早紀しかいないから。時間がたてば早紀だってわかってくれる。
今、早紀は部屋で寝込んでます。事が済んだ後、早紀はフラフラと部屋に戻ってしまいました。
目をつぶると泣き叫ぶ早紀の顔が浮かんできます。喜んでくれると思ったのに。
一つ残念なのが、早紀が処女じゃなかった事です。ちくしょう。相手は誰だ。早紀は僕のだ。
早紀は僕だけのモノ。


1月2日(土) 曇り
早紀が壊れてしまいました。どんなに話しかけても反応が有りません。ただ宙を見つめるだけです。
帰ってきた親はびっくりしてました。何があったのか聞いてきます。本当の事なんか言えません。
「昨日早紀は一人で初詣に行った。帰って来た時にはもう様子がおかしかった。」と言っておきました。
親は警察に連絡して調べてもらってましたが、年始は犯罪が多い為あまり相手にしてくれません。
肝心の早紀が喋れる状態じゃないので捜査は行き詰まりそうです。
早紀が壊れて悲しいはずなのに、僕は何故か安心してます。警察に捕まりたくないからじゃない。
早紀は他の人との交流を断って、僕だけを見てくれてるんだ。だから僕は安心して早紀を愛せる。
早紀にはもう、僕しかいない。


1月3日(日) 晴れ
早紀は病院に入院することになりました。
家にいないのは寂しいけど、会いたい時はいつでも会えます。
早紀はもう何処にも行かない。何処にも行かせない。
早紀、もう離さないよ。


第1部<腐食編>
 第3章「背徳の咎」