×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


絶望世界 エピローグ

最終週-1
7/22(月) カウントダウン12
死んだ初日。とても不思議な気分。
兄に言われたとおり、私は死人としてピクリとも動かずにいる。
首を締められた後はまだ痛む。痛むということは生きてるということ。
私は死んだことになってなければならない。
息を潜め、首の痛みが引くのを待つ。


7/23(火) カウントダウン11
死人になるのは簡単。外に出なければいい。
空腹になればご飯を食べる。朝に親と顔を合わせればおはようと言う。
でも外界の人には私の生死はわからない。
私が外に出ない限り、私が生きてる証拠は無い。
兄があの人に「早紀は死んだ。」といえば、あの人の中では私は死んでることになる。
こうして生きてるのにも関わらず。


7/24(水) カウントダウン10
外で何が起きてるのか。兄が今何処で何をしてるのか。
想像を膨らましてみるものの現実感がまるでない。
兄とあの人とのつながりは私の許容範囲を越えていた。
ただ「そうなのか」と思うだけ。
それ以上は・・・


7/25(木) カウントダウン9
あの人に見つからなければ外に出てたって構わない。
外に出てみようか。話をしたい。せっかく知った真実を誰かと一緒に語りたい。
私は家を飛び出した。
田村さんの家へ直行した。図々しく上がりこむ。
田村さんは相変わらず呆けた顔をしていた。
私は構わず喋りかけた。
「ねぇ。田村さんが会ったのって牧原さんだったんでしょ?」
それから私は兄から聞いた話を延々と語り始めた。
田村さんは顔をしかめたり時々唸ったりもしていた。
話が尽きた頃には、顔を伏せて泣いていた。
私はその姿を後目に田村さんの家を後にした。


7/26(金) カウントダウン8
今日も外へ出た。細江さんのいる施設に行った。
相変わらずの門前払いで細江さんにはあわせてもらえなかった。
でも受付の人に伝言を頼んでおいた。
「細江さんに伝えてください。黒幕は牧原さんだったんだよって。
私達みんな、あの人の手の上で踊らされてたんだよって。」
受付の人は無表情なまま「はいわかりました。」と答えた。
真実が細江さんの耳に入るのを祈って、私はその場を去った。


7/27(土) カウントダウン7
板倉さんと岡部先生の引越し先はわからない。
私はまだ伝え足りなかった。もっと多くの人に、真実を。
かつて通った漫画喫茶に足を運んだ。
懐かしい掲示板の数々。まだ生きてるものもあれば消えてるのもある。
私は思いつく限りの掲示板に「真の処刑人は牧原公子だったよ!」と書き連ねた。
この意味がわかる人などもういないかもしれない。
それでも私は書き続けた。


7/28(日) カウントダウン6
兄の部屋に入った。きれいに片付いている。
兄のベッドに寝そべった。天井しか見えない。
兄が見ていた光景は見えなかった。
もう戻ってこない。恐らく、戻れない。
あの人はきっと、兄を離さない。

・・・助けよう。
それが私の使命だと思った。



最終週
7/29(月) カウントダウン5
兄から託された住所。
私はそのメモを頼りに地図を開いた。
兄は全てを語り終えた後、「俺はここに住んでた。」と言って渡された。
兄が家を出てから住んでた場所。あの人と共に戻るつもりだった。
私にその場所を教えるということは、私に助けて欲しいということだ。
あんなに泣きじゃくり、怯え、全てを教えられたあとはただ放心していただけなのに。
兄はこんなにも弱い私を頼りにしていた。
だから私は、その場所へ向かった。


7/30(火) カウントダウン4
部屋の中を片付けるのに一日費やした。
粗大ゴミの山を捨て、荒れ果てた部屋に掃除機をかけた。
昨日、入ってすぐ目にした光景は嘘のように跡形も無くなった。
壊れたカギは直ってない。直すつもりもない。
いつでも二人が入れるように。


7/31(水) カウントダウン3
兄と、あの人が住んでいたこの部屋で寝泊りするのはどこか違和感があった。
どちらもよく知ってる人なのに、ここにいたのは私の全く知らない人。
赤の他人の部屋のように思える。
二人はまだ来ない。ずっと待ってるのに。
あの人の家にいるかもしれない。そう思ったけど行かなかった。
ここに来ると信じてる。
あの人に会ったら、伝えたいことがある。
ずっと伝えたかったこの想いを、今こそ捧げたい。


8/1(木) カウントダウン2
足音が聞こえた。
私は押入れに身を潜め、音が近づくのを聞いていた。
ドアが開く。会話が聞こえる。二人。
隙間からのぞくと、そこにはやせ細った兄と、牧原さんの姿があった。
しばらくすると二人は抱き合った。深々と抱き合い、そして
兄の絶叫が聞こえた。

「お兄ちゃん!!」
私は飛び出していた。牧原さんの手をどけ、白目をむいて倒れてる兄を抱きかかえた。
「あら早紀。生きてたの?」
牧原さんの言葉を無視し、私は何度も兄の身体をさすり、頬を叩いた。
兄は目を覚まさなかった。


8/2(金) カウントダウン1
「こっちへ来て!はやく!戻ってきて!」
私の声は兄には届いていない。
目は開いてる。しっかり息もしてる。なのに兄は私の声に何の反応もしない。
「せっかく目を開けたのに。残念ね。」
「牧原さんは黙ってて!」
「牧原じゃないわ。渡部美希よ。」
「どうでもいいわ名前なんて。あなたは黙ってて。」
「あなた、ね。うん。その言い方は正しいわ。」
私と兄とその女は昨日からずっとこの部屋にいる。
兄は目を開けたが、人としての意識は無いようだ。
私の呼びかけに答えてくれない。
「助けに来るのが遅かったわね。」
「そんなことない。まだ助かるわ。」
私は兄を呼び続けた。


8/3(土) カウントダウン0
兄が声を出した。何か喋り始めた。
しかしその声は小さすぎて、私達には聞こえなかった。
「賭けをしましょうよ。」
兄の姿を見て、牧原さんが突然言い出した。
「二人同時に手を差し伸べるの。それで、亮平君がどっちの手をとるか賭けるの。」
「負けた方はどうするの?」
「黙ってこの場を去る。そして二度と戻ってこない。」
私は承諾した。
私は勝つ自信があった。兄が牧原さんなんかを選ぶわけないと思った。
二人揃って手を差し伸べた。兄が口をパクパクさせながら片方の手をとった。

「ほら見て、わたしの勝ちよ!やっぱりこの人は死にたいのよ!」
兄は牧原さんの手を取っていた。
牧原さんが勝ち誇ったように兄を抱きしめる。
私は差し伸べたまま宙ぶらりんになってる自分の手を見つめていた。
そして、ずっと抱えていた感情が一気に爆発した。
牧原さんから兄を引き剥がし、牧原さんの前に立った。
「早紀。あなたが次に何をするのか、私にはよくわかるわ。」
私は牧原さんの首に手をかけた。
「ほらやっぱり。」
牧原さんは笑っていた。
「怖い顔。何もかも私のせいだって言うんでしょ?私さえいなければって、ずっと思ってたんでしょ?」
私の手は震えていた。
「いいのよ。誰も怒らないわ。やってスッキリしちゃいましょうよ。ねぇ、処刑人さん!あはははははぉぁぐ。」
牧原さんの笑い声は途中で途切れ、私の歯ぎしりの音だけが部屋に響いた。

数分後。そこには呆けた男が一人と、泣きじゃくる女が一人と、死体が一体。
みんなで仲良く座っていた。


8/4(日) 絶望の世界
兄はさっきから同じところを周り続けている。
牧原さんの死体を踏むのも何回目だろう。
私が手を引いて歩いても、部屋の中から出ようとしない。
「部屋の中を歩くだけじゃどこにもいけないわ。」
私の声は聞こえてないようだ。
私は試しに手を離してみた。歩く軌道が不規則になった。
ただ延々とウロウロしてる。ロボットのように、壁に当たっては方向修正をする。
ふと思いついて、ドアを開けた。
外はくすんだ雲が空を覆っていた。
何度か壁にぶつかったあと、うまく軌道が玄関に向かった。
「そう、そっちよ。そのまま行けば、外に出れるわ。」
サッサッと足早に歩く兄。私の期待通り、玄関を抜け、兄は外に出た。
「やった。外に出れたわ!おめでとう!」
私は玄関から兄に祝福の声を浴びせた。
閉塞された世界から解放された兄は、自由へと旅立つ。
兄は外の世界を歩いく。進む。どんどん進む。
背中が遠ざかっていく。小さくなっていく。
「お兄ちゃん・・・?」
兄は歩き続ける。遠くへと。遠くに向かって。遥か遠くへ。
現実の中へ。
気付いたら私は叫んでいた。

何処へ行くのッ。




絶望の世界A&∀
−完−


「サイドストーリー」
  序章


戻る