×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


希望世界 みんなの日記

序章


12月12日(日) 晴れ
庭に入ってきた野良猫を見てたら無性に腹が立った。
勝手に僕の場所に入ってくるな。
僕は窓を開けて叫びながら手元にあったボールペンを投げつけた。
猫はすばやくよけてそのまま遠くに逃げ去った。
逃げる背中に向かって唾を吐くと、ヨダレが垂れて手についた。
冷たい。

あの熱さが嘘のようだ。


第1部<追撃編>
 第1章「傷」