×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 序章

 ъ( ゚ー^)<いち
 第1週 遭遇
 第2週 調査
 第3週 実体
 第4週 処理

 (゚∀゚)<に
 第5週 新手
 第6週 偽物
 第7週 苦渋
 第8週 白熱

 (;´Д`)<さん

 第9週 驚愕
 第10週 順応
 第11週 疑惑
 第12週 卒倒

 (ρ_;)ノ<し
 第13週 勧告
 第14週 無情
 第15週 審判
 第16週 天使







第16週 「天使」

12月11日 月ようび はれ・・

しゅじゅつはおわりました。いたみもありません。
でもこのからだのかるさはなんでしょう。ふわふわして、このままとんでいってしまいそうで・・・
ちからがはいらない


12月12日 火ようび くもり

村上さんは顔をあおくして「すぐにみんなよぶから。それまでがまんするのよ」といってました。
なんでそんなにあわててるんですか。ほかのみんなはわらってるのに。
わらってるのは、ぼくをふあんにさせないため・・?村上さんだけがほんとうのことをおしえてくれる。
ぼくはききました。「しゅじゅつはしっぱいしたの?」
「だいじょうぶよ。みんなよぶから。まめっちにもあいたいでしょ?あの人もよんであげるから。」
せいこうとはこたえてくれませんでした。


12月13日 水ようび はれ

まだだれもきません。からだはどんどんかるくなっていきます。
しぬ。
ぼくはさとりました。ぼくはしぬんだ。
このままみんなもまにあわず、ぼくはひとりでしんでいくんだ。
てんしがむかえにくるのかな。おそらのむこうにとべるかな。
ちゃんとてんごくいけるかな・・


12月14日 木ようび はれ

村上さんは言いました。「おわかれのときは、キスでおくりだしてあげる」
ぼくはかおがあかくなりました。村上さんのえがおがとてもきれいで・・
なんだろうこのきもち。むねがくるしくてなんだかとってもせつない。
ああ、そうか。そうだったんだ。
ぼくは村上さんのことが好きだったんだ。
きづいたときにはわらいそうになりました。
しぬちょくぜんにきづくなんて。
おそすぎるよ。


12月15日 金ようび かいせい

おむかえがきたようです
あたまのなかがまっしろになっていきます
これからぼくはたびだちます
村上さんと、おせわになったひとたちに
さいごのわかれをつげました
ありがとう・・・


12月16日 土ようび ひどい

まだいしきはありました。だけどあしたまではもたちません。
しぶとくさいごのじかんをおしんでました。
あたまのなかはまっしろでしたが、なんとかまわりのはなしはききとれました。
だれかがぼくのなまえをよんでます。やさしい女の人のこえです。
・・・村上さん。村上さんが最後にはなしかけてくれてる。
「なおや君。そのままでいいから。」
村上さんがちかづいてきました。
「やくそくをまもりにきたから。めをつぶってて。」
やくそく・・。おもいだしました。ぼくがなにかいおうとするまえに、村上さんが先にいいました。
「お別れのキスよ」
ぼくはからだがかたくなりました。しにかけてたしんぞうがドキドキしはじめました。
村上さんのキス。しぬまえにさいこうのプレゼントです。
ぼくはちからのかぎり目をぎゅっとつぶってまってました。
クスクスと「そんなにかたくならなくていいのよ」ときこえてきます。
うん、とぼくは小さく答えました。
しばらくそのままのしせいでかたまってると、かおがちかづいてくるけはいをかんじてました。
いきがかおにかかります。村上さんお顔が目の前にあるんだ。
いよいよしんぞうがドキドキいいはじめました。
あったかいきがかかりました。

つぎのしゅんかん、くちびるにやわらかいかんしょくが。

やわらかい。からだはきんちょうのあまりうごきません。
ありったけのしんけいをくちびるにしゅうちゅうしました。
とってもきもちいい・・
そう思ってると、くちのなかにちょっぴりヌルリとしたものがはいってきました。
まさか。じぶんのかおがまっかになるのがわかりました。村上さんの舌・・・
そんなだいたんな。ぼくがあせってるのもおかまいなしに、村上さんははげしくぼくのしたをすいました。
うわ。どうしよう。これがオトナのキスなんだ・・・!
ぼくはしょうてんすんぜんでした。
なおも村上さんのしたがせめてきます。
そんな。村上さん。そこまでされるとぼくは・・・ああ・・・
せめられるままにみをまかせ、ぼくはそのかいらくにひたりました。
村上さんのいきづかいもあらくなってきます。
ふぅふぅと、あらいはないきがかおにかかってきます。
ちょっぴりいきがくるしくなってきました。
村上さん。そこまでしてくれるのはうれしいけどこれ以上は・・・
したをすうのもじんじょうじゃなくなってきました。
ほんきでいきがやばいです。いきができません。
村上さん、そろそろ・・・
くちはかんぜんいふさがれてます。なにも言えない。
くるしいです。村上さん。もういいです。
じゅうぶんたんのうしました。だからそろそろくちびるはなしてください。
村上さん。村上さん・・・!










ъ( ゚ー^)










おおおおおおおおおおおおおおおおじさんッッッッッッッッッッッ!!!!!??????
おじさんが、まめっちが、ぼくのぼくの目の前に。
え?あ、ということは今のキスは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おじさんがニヤリと笑って舌をじゅるりとなめずりました。

うわあぁぁぁぁぁあああああぁぁああああぁぁぁぁああああぁぁああああぁぁぁぁぁぁあああああぁああああああああ!!!!!

村上さんがおじさんのうしろでおなかをかかえて大笑いしてました。
「ねぇ、死ぬと思った?死ぬと思った?ねぇ。ねぇ」
いや、だって。からだがかるくなってきて。
村上さんは「いやぁん」となまめかしいこえをあげました。
「それ、治ってる証拠よォん」
あらほんと。からだがかるくて手足もうごかしほうだいですよ?
でもあれですよ。ほら、めずらしいびょうきて言ってたじゃないですかッッッ!!
「小4で盲腸なんてめずらしいことなのよン」
まじぇっすか!!??ていうかそれって。
村上さんはこれ以上ないくらいにっこりわらって答えました。
「盲腸じゃ死なないわよ」
わぁお。ぼくのさきばしりっすか。なおやっち、だいしっぱぁい!
けどそれならなんで別れのキスなんて・・・
村上さんはうるっとした目でぼくを見ました。
「グッバイまともななおや君。ウエルカム、クレイジーワールドよ。」
わぁいイケナイ世界へレッツゴー♪

オシマイヽ(´ー`)ノ





















・・・・・・・なんて終われるわけないじゃないですか。
よこにいるこのブタ。こいつのせつめいしてくんなきゃ。
村上さんは「ああこれね。」とブタをこづきました。
ブタはウヒィとげひんなひめいをあげてのけぞりました。
「私がつれてきたの。なおや君の学校にいるって言うから。」
ブタは「へへへ。連れてこられちったぁ」とわらってやがります。照れるなバカ。
「あゆがさぁ。だいたんでさぁ。」
村上さんのケンカキックがさくれつしました。
よく見るとブタにはいろんな傷がついてます。
また村上さんに手をだそうとして返り討ちにされやがったなこいつ。
よろよろとブタがたちあがりました。
「でもね。ぼく気づいたんだ。本当に大切なのは誰かってこと」
気づくなボケ。村上さんにフラれてあたまおかしくなったのか。
いやでもよく考えてみたら、こいつはもとからおかしい奴でした。
とどめのセリフをくらいました。もしやとは思ってたけど、じっさいきいてみると想像以上におぞましいひびきを持ってました。
ぼくのせすじはこおりつきました。
「ああ、なおやっち。君はボクの天使だよ」
エクソシスト呼ぶぞコラ。
このブタ、リアルへんたいです。
ごそごそとポケットから銀紙のようなものを取り出しました。
そしてさけびました。
「このゴムは、絶対お前らの好きにはさせない!」
村上さんが「カミングアウトだわッッ!!」とおおよろこびしてました。
てゆーか村上さん。いちばんひどいのはアンタだよ。

クソブタの熱いしせんと村上さんの笑い声がひびくなか、ぼくはただぼうぜんとするしかありませんでした。
もしかして、そのまましんでたほうがしあわせだったのかもしれない。
くちびるにはあのおぞましいきおくがこびりついてます。
うあ。思い出しただけで悪寒が。
こんなウンコやろうに記念すべきファーストキッスをうばわれたなんて・・・・・!!!!

死にたいです。


12月17日 日ようび えんどおぶでいず

あさ起きると、おしりにみょうないわかんをかんじました。
なにかとても大切なものを失った気がしてなりませんでした。
おじさんがまどべにたってそとをながめてました。
ぼくがおきたのにきづくと、顔をこっちにむけてきました。
「おめざめかい?おひめさま。」
なぜかほおをあからめてました。へんなねぐせまでたってます。
おじさんはかってにはなしつづけました。
「そとをごらん。きぼうのひかりでみちあふれてるよ」
そとはあめでした。
「ボクたちのきぼうだよ。いっしょに新しくうまれかわるための、きぼう。」
待てコラ。なんでぼくまでいっしょなんだよ。てめぇ一人で行きやがれ。
「光の向こう側に行けば生まれ変われる。」
だからしんでないっつの!
ぼくがはんろんしようとすると、サっとおじさんの手が伸びて口をふさいできました。
すごいちから。ぼくはひっしにもがきましたが、その手ははなれませんでした。
フウフウとおじさんが息を荒げるのが聞こえます。
じっとりとしたしせんがぼくにそそがれていました。
やめろ。はなせ。はなせったら!
なんどもなんどもおじさんをたたきましたが、肉がプヨプヨするだけでダメージをあたえられません。
ていこうすればするほど、おじさんのほおがあからんでいきました。
目をカッと見開き、口元にはぶきみな笑みをうかべてます。
ひたいにはジワッとあぶらあせが。
「旅立とう。きぼうの光のその先へ」
こうふんしてこえをあらげてます。
やめて。おねがいだからやめてください。
ぼくはそっちにきょうみなんかありません。ぼくは、まともなにんげんでいたいんです。
そっちの世界につれてかないで!
おおごえでさけんだつもりでしたが、すべておじさんの手におおわれてかきけされました。
あらゆるていこうはむだにおわり、されるがままになるしかありません。
いやだ。ちがう。ぼくはちがう。ぼくはちがうぞぉぉぉ!!!
なおもぼくはさけびつづけました。
「光の果てに見える世界。そこが、」
そんなぼくにおかまいなしに、おじさんはみみもとでささやきました。

「そこがボクらの、新しい世界だ。」

NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!



お  し  ま  い




戻る