×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 序章

<腐食編>

第1章 「深淵の蟲」
 第1週 跫音
 第2週 浸食
 第3週 激化
 第4週 天誅

第2章 「孤城の華」
 第5週 遺産
 第6週 歪曲
 第7週 崩壊
 第8週 散花

第3章 「背徳の咎」

 第9週 浮遊
 第10週 煮沸
 第11週 逆転
 第12週 断罪

第4章 「絶望の時」
 第13週 白紙
 第14週 泥濘
 第15週 絶望
 第16週 引導

<虚像編>

第5章 「電脳の渦」
 第17週 輪廻
 第18週 接近
 第19週 衝撃
 第20週 凶行

第6章 「悠久の闇」
 第21週 波紋
 第22週 追跡
 第23週 煽動
 第24週 漆黒

第7章 「虚空の塔」
 第25週 降臨
 第26週 劫火
 第27週 混沌
 第28週 淘汰

第8章 「希望の光」
 第29週 決戦
 第30週 呪縛
 第31週 絶叫
 第32週 昇天














第11週 「逆転」

1月18日(月) 曇り

僕の下駄箱に「ハムちゃんの墓」と書いた紙が貼ってありました。かわいらしくレタリングされてます。
上履きの中には腐りかけたハムちゃんの残骸が入ってましたが、手でつかんでゴミ箱に捨てました。
教室に入ると都合良く荒木さんは独りで座ってました。僕は彼女の前に立ち、アレをちらつかせました。
荒木さんは目を丸くして僕を見上げました。かすれた声で「なんでそれを・・・・。」と呟いてます。
僕が耳元で「奥田のようになりたい?」と囁いてやると、青ざめた顔でプルプル震えてました。
どうしてやろうか。


1月19日(火) 晴れ

体育の時間、教室に戻ってきた荒木さんが何か捜してました。
焦ってる様子なので「何か捜しモノ?」と聞くと、荒木さんは「鞄が無いの・・・・。」と答えました。
僕は親切に捜しモノの場所を教えてあげました。「それならさっきトイレで見たよ。男子の方で。」
荒木さんは顔を真っ赤にしながら男子トイレに駆け込んでました。後ろで男子があっけにとられてます。
水道で鞄を洗ってましたが臭いだけは取れなかったようです。筆箱も、ノートも、僕の席まで臭ってます。
爽快です。


1月20日(水) 曇り

昼休み、荒木さんがお弁当を食べようとすると、そこには白いドロドロした液体がかかってました。
荒木さんはびっくりして僕を見ました。僕はアレをちらつかせて「ちゃんと食べなよ。」と言いました。
食べてる。無理矢理口に押し込んで。その液体が何なのか知らないわけがないのに。凄い。
全部食べ終わったと思ったら、その場で戻してました。机が嘔吐物にまみれてます。
クスンクスン泣きながら雑巾で机を拭いてる荒木さんの姿は、とても健気に見えました。
眩しいです。


1月21日(木) 晴れ

渡部さんが荒木さんの事を心配してました。僕は横で会話を盗み聞きしてました。
「最近なんか変だよ。また誰かに何かされた?」「別に。平気だよ。」「でも・・・・・・虫!何聞いてるの!」
気づかれた。「まさかあんたが・・・・・・。」「違うよ!岩本君は関係ない!」と荒木さん。
岩本君。久々にその名を聞いた気がずる。いや、そう呼ばれたのは初めてかもしれない。素晴らしい。
まだ何か言いたげな渡部さんを、荒木さんは力無い笑顔で「私は大丈夫だから。」となだめてました。
友情って素敵です。


1月22日(金) 曇り

放課後の教室。荒木さんが倒れてます。僕の足の下に。他には誰もいません。
「もう許して・・・・。」とかすれた声で呟いてます。制服には僕の足跡が何カ所かついてます。
許すもんか。お前は渡部さんとつるんで僕に何をしてきたんだ。僕をいじめたじゃないか。
「よくも、よくもいじめたな!お、お、お仕置きしてやる!」自分でも信じられないほど僕は叫んでました。
これまでのいじめを思い出してしまい、僕は泣いてました。荒木さんも泣いてました。涙が止まりません。
以前僕は荒木さんに蹴られた。今は僕が荒木さんを蹴ってる。でも何故か満足感は得られない。
何故。まだ足りないんでしょうか。僕と同じ目にあわせないといけないんだ。同じ目に、あわせてやる。
僕はすすり泣く荒木さんを後目に教室を出ました。家に帰り、明日の為の用意をしました。
見てろ。


1月23日(土) 晴れ

朝、荒木さんが登校すると、学校中に写真が貼られてました。正式にはデジカメの画像を印刷したもの。
奥田に犯される荒木さんの画像です。 僕がそれを手に入れたのは偶然でした。
杉崎先生には本当に感謝してます。コレを手に入れたおかげで荒木さんを追い込む事が出来たから。
ああ、荒木さんが泣いてる。耳を真っ赤にして写真を一つ一つはがして回ってます。いじらしい。
学校に来なければいい、なんてのは素人の考えです。行かなきゃもっといじめられる。僕もそうでした。
これで荒木さんは僕と同じ立場になれたわけです。虫だった僕にも仲間が出来た。
もう独りじゃない。


1月24日(日) 雨

僕の中にいる虫の存在を感じなくなりました。消えてしまったのでしょうか。それとも僕と同化したのか。
なんとなく早紀に会いに行きました。荒木さんのことを報告しても、返事は返ってきませんでした。
早紀と結ばれたとき、僕は何かとてもいけない事をしてるように感じたのを覚えてます。
その時は僕の中の虫がその気持ちを食べてしまいました。だから罪悪感は感じてません。
今回、荒木さんにしたことも本当はとても非道いことかもしれない。でもそんな意識はありません。
やっぱり僕自身が虫になってしまったんだ。


戻る次へ