×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 序章

<腐食編>

第1章 「深淵の蟲」
 第1週 跫音
 第2週 浸食
 第3週 激化
 第4週 天誅

第2章 「孤城の華」
 第5週 遺産
 第6週 歪曲
 第7週 崩壊
 第8週 散花

第3章 「背徳の咎」

 第9週 浮遊
 第10週 煮沸
 第11週 逆転
 第12週 断罪

第4章 「絶望の時」
 第13週 白紙
 第14週 泥濘
 第15週 絶望
 第16週 引導

<虚像編>

第5章 「電脳の渦」
 第17週 輪廻
 第18週 接近
 第19週 衝撃
 第20週 凶行

第6章 「悠久の闇」
 第21週 波紋
 第22週 追跡
 第23週 煽動
 第24週 漆黒

第7章 「虚空の塔」
 第25週 降臨
 第26週 劫火
 第27週 混沌
 第28週 淘汰

第8章 「希望の光」
 第29週 決戦
 第30週 呪縛
 第31週 絶叫
 第32週 昇天














第9週 「浮遊」

1月4日(月) 曇り

なんだか心がフワフワします。落ち着かなくて言いようのない不安感に襲われます。
外をぶらついてみても、何故か誰かに見られてる様な気がしてなりません。
僕は何も悪いことをしてないはずなのに。この罪悪感は何なんでしょう。
何かしなくちゃいけない気もするけど、何をしていいのか分からない。
この感覚、とても不愉快です。


1月5日(火) 曇り

今日も気持ちが落ち着きません。早紀に会えば気が紛れるかと思ったので病院に行ってみました。
早紀は未だに壊れたままです。それでも早紀と一緒にいるだけで落ち着きます。
早紀の服を脱がせて自慰をしました。爽快感に包まれてとても良い気分です。
なのに帰り際、とてつもない虚しさを感じました。自分がどうしようもない駄目人間に思えてしまいます。
何故なんでしょう。


1月6日(水) 曇り

やる気のない日々が続きます。気分転換にフラフラと外を出歩いてみました。
正月映画でも見ようかと映画館に行くと、荒木さんとその友人の渡部さんを見かけました。
目が合ったんですが彼女達は無関心といった感じで何処かに行ってしまいました。
僕も無視していこうかと思ったけど、何故か彼女達から目を離せませんでした。
変な違和感を感じます。


1月7日(木) 晴れ

昨日の違和感が何だったのか分かりました。簡単な心境の変化です。
荒木さん達を見かけた後、僕は一昨日まで感じてた不安感が薄れていたのに気づいたんです。
今、僕は前に比べてかなり落ち着いてます。むしろ安堵感さえ感じてます。
その理由はなんとなく分かりました。明日からまた学校が始まります。
行ってみようかと思ってます。


1月8日(金) 雪

久々に学校に行きました。緊張気味に教室に入ったんですが変わった事は何も有りませんでした。
みんな僕を見ても特別な反応は無く、「なんだ来たのか」みたいな感じばかりでした。
杉崎先生と目が合った時もちょっと嫌な顔をされただけで特に何も言われなかったです。
帰る時、僕の下駄箱に「虫うぜぇ。学校来んな。」と書いた紙が入ってました。
誰が書いたんでしょう。


1月9日(土) 曇り

イジメが再発しそうです。でも僕は以前の僕と違う。今度は耐えられるはずです。
奥田はもう居ない。それに僕には切り札が有る。どうしても我慢出来なくなったらアレを使えばいい。
数日前まで感じてた不安感は今ではもうほとんど感じません。学校に行ったおかけです。
僕にしか出来ない事が存在する、ということがこんなに清々しいものだとは思いませんでした。
素晴らしいです。


1月10日(日) 曇り

早紀に会いに行きました。白い顔をして眠ったままの早紀は、一体どんな夢を見ているんでしょうか。
早紀は夢の世界へ行ってしまいましたが僕は現実を生きなければなりません。
イジメられる。いや、むしろいじめて欲しい。僕に屈辱を与えて欲しい。耐えられないくらいに。
僕が惨めな思いをすればするほど、あとの楽しみが大きくなっていきます。
早く学校に行きたいです。



戻る次へ