×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 序章

<腐食編>

第1章 「深淵の蟲」
 第1週 跫音
 第2週 浸食
 第3週 激化
 第4週 天誅

第2章 「孤城の華」
 第5週 遺産
 第6週 歪曲
 第7週 崩壊
 第8週 散花

第3章 「背徳の咎」

 第9週 浮遊
 第10週 煮沸
 第11週 逆転
 第12週 断罪

第4章 「絶望の時」
 第13週 白紙
 第14週 泥濘
 第15週 絶望
 第16週 引導

<虚像編>

第5章 「電脳の渦」
 第17週 輪廻
 第18週 接近
 第19週 衝撃
 第20週 凶行

第6章 「悠久の闇」
 第21週 波紋
 第22週 追跡
 第23週 煽動
 第24週 漆黒

第7章 「虚空の塔」
 第25週 降臨
 第26週 劫火
 第27週 混沌
 第28週 淘汰

第8章 「希望の光」
 第29週 決戦
 第30週 呪縛
 第31週 絶叫
 第32週 昇天














第17週 「輪廻」

3月1日(月) 晴れ

早紀のパソコンを起動させました。かわいい壁紙が目に入ってきます。
スタートメニューの「お気に入り」から目的のページをクリックしました。
自動的にダイアルネットワークが開き、ネットに接続すると数秒後にはそのページが開かれました。
・・・・「希望の世界」。僕は「掲示板」に行き、あらかじめ考えておいたセリフを打ち込みました。

  復活!! 投稿者:sakky 投稿日:03月01日(月)
    お久しぶり!sakkyです。やっと受験が終わりました。
    終わるまで親からネット禁止令が出てたからここ数ヶ月全然書き込めなかったんだよ〜。
    でももう大丈夫なんでこれからもよろしくね!

・・・・たったこれだけ。これだけの事で早紀は生き返る。
僕は早紀で早紀は僕。僕が生き続ける限り、早紀も生き続ける。
早紀。一緒に生きよう。


3月2日(火) 曇り

早速掲示板に反応が有りました。「久しぶり〜」とか「心配してたんだよ」とか「何処の高校?」とか。
僕は「私の日記」を更新しました。僕は早紀なんだから。sakkyなんだから。不自然な事はありません。
「高校受かって嬉しい」等書いておきました。爽やかな日記です。
sakkyはとても明るく、元気で、希望に溢れてます。これからも、僕の理想通りに生きてくれるでしょう。
全て僕の思い通りに。


3月3日(水) 曇り

「希望の世界」に来る人たちはみんな爽やかです。
掲示板では雛祭りのことが話題になってました。僕もとても爽やかな気分になります。
一点の曇りもない世界。sakkyにふさわしい世界です。ここではsakkyが汚れることはありません。
不都合な現実のことなんか忘れよう。理不尽な事なんか考えたくない。
安らぎを感じるということは、僕がまだ完全に狂ってない証拠かもしれません。
やり直せるかもしれない。


3月4日(木) 晴れ

今日はみんなとチャットをしました。例の出会い系ページの一角にsakky達のたまり場がありました。
「最近あったかくなってきたね」なんて言ってみたりしてしばらく温かいトークで盛り上がってました。。
チャットは時間を忘れます。かなり夜遅くまでしていたのに全然話し足りない気分です。
自分でも信じられないくらいすんなりとみんなの輪に入れたので少しびっくりしてしまいました。
明日もチャットしよう。


3月5日(金) 曇り

今日チャットで「sakkyはICQ入ってないの?」と聞かれました。
入ってないと答えると、ICQについて詳しく書いてあるページを教えてくれました。
みんなとのチャットが終わった後そのページに行って知識をつけてきました。そんなに難しくないようです。
ダウンロードしてセットアップ。簡単に出来ました。明日にでもみんなにICQの番号を教えようかと思います。
便利そうです。


3月6日(土) 晴れ

ICQのナンバーを「私の日記」に公開しました。すぐにいつも掲示板に来てるメンバーが登録してくれました。
今のところ5人登録してます。「タケシ」さんなんか1番乗りでした。
「sakkyがICQ入るのずっと待ってたんだよ」とか書いてくれました。嬉しいこと言ってくれます。
他にも「えんどう」さん、「渚」さん、「TOMO」さん。sakkyの受験中に新しく仲間に入った「三木」君も居ます。
僕とチャットしてくれたメンバーがそろいました。ICQのおかげでもっとたくさんお話できるようになります。
素敵。


3月7日(日) 雨

みんなのと会話がとても楽しいです。掲示板にはICQを入れてない人たちも来てくれます。
あれから1週間。全てを失った僕にも新しい居場所が出来ました。
もうインターネット無しじゃ生きていけない。こんな僕を受け入れてくれる場所なんか他にありません。
岩本亮平という人間も、「虫」と呼ばれたイジメられっ子も、ここには存在しない。
僕はsakky。



戻る次へ